特殊作業用自動車(電気自動車用移動急速充電車 給電車 非常用電源車)の企画・開発・販売、タイヤサービスカー(ロードサービスカー)のモビリティープラス
 
モビリティプラス
車載電源.com  タイヤサービスカー.com
JapaneseEnglish
  モビリティプラスのホーム モビリティプラスのよくある質問 モビリティプラスのお問い合わせ モビリティプラスのリンク モビリティプラスのサイトマップ
モビリティプラスのプロモーションビデオ 公開中
モビリティプラスの写真集 随時更新
モビリティプラスのシステムの活用例
モビリティプラスのメディア活用例
モビリティプラスのタイヤサービスカーバリエーション モビリティプラスのSolution(問題解決) モビリティプラスのTrue-Gシステムとは? モビリティプラスの納車までの流れ モビリティプラスの会社概要
 
HOME > True-Gの活用例 >Solution(問題解決)1
 
Solution1(問題解決) 従来の仕様の問題点と解決策
従来のタイヤサービスカーは・・・
 
圧縮空気 パッケージタイプのエンジン式コンプレッサー
電     源 パッケージタイプの発動発電機あるいは、パッケージタイプの発動発電機+
電気式コンプレッサー
これらの組み合わせは導入コストが比較的低く抑えられ、
架装も容易ですが、別エンジンを動力源とするためにどうしても
下記の問題が発生してしまいます。
 
故障・信頼性の問題 各種のエンジントラブルの発生。(例/厳冬期の朝のエンジンの始動性や夏の猛暑時期のオーバーヒートの問題等。
別燃料による問題 燃料漏れ等による車輌火災の危険性。
能力低下及び
耐用年数の問題

能力的に余裕の少ない小型エンジンをフルに近い状態で稼働させるため使用時間が長くなってくると初期の性能が低下しやすい。機械的寿命、耐用時間が比較的短い。

メンテナンスの問題

別エンジンがゆえの調整整備、オイル交換等の日常のメンテナンスが車輌メンテナンスとは別に必要。

レイアウト、設計の
自由度の問題

発動発電機等を積載することによるスペース効率の問題。必要な工具・タイヤ整備機器を搭載する為に車輌が大型化。

周辺環境、
作業環境の問題

小型ディーゼルエンジンは黒煙を多く含む排ガスが出る。車輌が汚れる。ガソリンエンジンは、騒音が高く引火の危険性もある。

 
 
Solution1(解決策)
 
別エンジンを搭載せず、シャシ搭載エンジンの動力でコンプレッサーと発電機を作動させると上記の問題点は一挙に解決することができます。
 

最近の新車のトラックシャシエンジンは、世界でも最も厳しいと言われている日本の排ガス規制をクリアしています。(三ツ星、四ツ星のエンジンが出てきている)排出ガスにはPM粒子(黒煙の粒子)をほとんど含まず、とてもクリーンになってきています。
もちろん、その信頼性や耐久性には定評があります。ほぼ、アイドル時回転数(900回転)のシャシエンジンの発生トルクが動力源ですので、燃費効率をいたずらに悪化させることはありません。
また、シャシエンジンに影響を与えたり、機械的な本来の寿命を縮めることもありません。

装置がとてもコンパクトで、ほとんどの部品を床下に配置することができます。
そのため、限られた荷台スペースを有効に活用することができます。車輌そのものをコンパクト化したり機器のレイアウト、パッケージの自由度が高まります。

  Solution2へ
  株式会社モビリティプラス
Solution(問題解決) 従来の仕様の問題点と解決策
 
 
Solution1
 
Solution2
 
車載電源
タイヤサービスカー
サービスカー中古車情報
タイヤ取替作業用自動車
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モビリティプラスのCOPYRIGHT(C) 2008 MOBILITY PLUS. ALL RIGHTS RESERVED